乾燥装置のヒグマ
平成30年10月1日 本社工場を移転しました。
本社・工場 〒071-1426 北海道上川郡東川町北町8丁目5-1
        TEL.0166-76-9026 FAX.0166-76-7997
        E-mail:higumald-t-suzuki@email.plala.or.jp
        http://www13.plala.or.jp/higumakansouki/ 
東京営業所 〒0154-0023 東京都世田谷区若林4丁目31-2
        TEL03-5431-3116 FAX03-5431-3117
高温タイプ/最高温度130℃
 一般に高温乾燥といわれているタイプです。
 広葉樹、針葉樹の建築造作材、家具用材、
 建具材など幅広く、高温乾燥する場合に
 適しています。 乾燥室容量 5㎥~50㎥
 130℃以下の全ての温度設定が可能です。
中低温タイプ/最高温度90℃
広葉樹、針葉樹を問わず板ものや、乾燥やけによる変色を気にする
ような造作材を対象として幅広く使われています。
乾燥室容量 5㎥~50㎥
※本体構造は、全溶接タイプとパネルタイプがあります。







80℃仕様の中・低温、小型タイプ
 場所をとらない、省エネルギー小型機、
 家具、建具など特殊加工材の小ロット対応に適しています。
 乾燥室5㎥~150㎥

                     ■熱処理専用装置/熱処理容量5㎥~40㎥

       ※各装置は被乾燥材に最適化したカスタマイズで対応いたします。
 
木質バイオマスボイラ温風発生装置 エコボちゃん
   木質系バイオマスの熱利用に・・・・・
■主な特徴
 薪、間伐材、製材所の端材、建築端材、剪定枝、残幹、
茎、竹、炭などの木質系バイオマスを、加工しないで
燃料として利用できます。施設園芸(ビニールハウス、
ガラス室)や木材乾燥室、畜舎、鶏舎、暖房、工場・集会
所などの暖房燃料費の大幅なコストダウンが可能です。
燃料時に補助燃料として灯油を使用しますが、その量は
石油系燃料ボイラの1/10以下です。(当社比)

主な仕様
・熱量と温度 2ton/batch   ・熱出力 150.000kcal/h
・温風温度 30~150℃    ・平均持続時間 5~7日
・温度制御 デジタル制御   ・着火方法 手動
■装置サイズ 幅1600×奥行3800×高さ2500㎜

東京ビッグサイトで開催した「東京国際木工機械見本市」に出品しました。
木と共に歩み たえず研究開発を続ける
ヒグマ乾燥機株式会社